お役立ちブログ

エアコンクリーニング :業務用エアコン「冬場」の適正設定温度は ?


設定温度 =20℃(環境省ガイド)

少々寒い感じですが、一般に人体は温度差の激し場所に出入りすると、「ヒートショック」症状が出て、高齢者にとっては心筋梗塞・脳梗塞といった大変危険なことになりかねません。「ヒートショック」を避けるためには建物の内外温度差は、個人差はありますが、5℃~6℃以内にすることが適当といわれています。また、同時に忘れてはいけないのが湿度です。日本人が快適に感じるのは通常40%~60%です。40%以下では乾きを感じ、70%以上になるとカビが繁殖しやすくなります。ウィルスは乾燥を好みます。部屋の湿度を50%前後に設定することは間違いなく、ウィルス対策の一助になります。加湿器やサーキュレーターを利用し、室温を20℃・湿度を40%~60%に保ち、お客様、従業員の健康に留意した環境演出をしていただきたいと思います。

一方オミクロンも重症化は少ないといわれていますが、急激な感染拡大をしています。重症化率が低いとはいってもこれだけ数字が増えてくれば、決して他人ごとではありません。わずかな重症化率でもいずれは重傷者数は増えてくると思います。

DG-グローアップはエアコン除菌洗浄を提案いたします。
除菌についてはサイダルエアコンクリーニング、使用する加速化過酸化水素AHPは99.99~99.9999%という世界最高水準の除菌力を持ち、同時に強力な洗浄力も持つ他に類のないケミカルです。ぜひ、1日も早くサイダルエアコンクリーニングの施工をご提案します。CDC(米国疾病予防管理センター)のガイドラインイ準拠した環境衛生士の資格を合格したスタッフが最適な除菌洗浄剤(AHP 加速化過酸化水素洗浄剤ーNASA採用)を使用し施工いたします。ぜひ、株式会社ディージーグローアップ 03-5811-6386 saidaru@dg-growup.co.jp までご連絡下さい。