施工実績

COVID 19 と 空気感染

コロナ禍、まだまだ安心するのは早いですね。この先感染の季節が待っています。感染者が生活する部屋は全体的に汚染されます。いろいろな実験が行われていますが、特に室内空気の出口付近の表面からウイルスが発見されています。ウイルスはエアロゾル粒子に付着して、移動していると考えられます。さらに、その付着した物質・材質によるウイルスの活性度も調査されています。

エアロゾル粒子 ・・・・・・・ 3時間
ステンレス ・・・・・・・ 3日間
プラスティック ・・・・・・・ 3日間
段ボール ・・・・・・・・ 1日
銅 ・・・・・・・・・・・ 4時間
(新型コロナウイルス対策特別委員会)

中国では広州のレストランでのクラスターは、3クループが隣接するそれぞれ3テーブルで食事し、接触感染の可能性は殆どなかったとのことです。そして、そのうちの一人がその日の夜発症、その他のテーブルから9名の二次感染者が出ました。その3テーブルの上部に設置されたファルコンユニットが循環気流を形成し、その気流が乗ってウイルスが予想以上遠くに運ばれたと推察されました。

つまり、空気環境管理がいかに大切か、とりあえず何から手を付けるべきか、エアコンは、まずしっかり洗浄、定期的に換気をし、清潔な気流循環を作りましょう。エアコン洗浄も千差万別、種々なレベルがあります。洗浄は今こそ、従来以上にグレードアップした施工が必要な時だと考えます。DG-グローアップチームは通常では届かない熱交換器の隅々まで洗浄剤とリンス清水を吹き付けることができるようになりました。

そこで私たち環境衛生管理のプロは提案します。コロナのせいで最近よく耳にするCDC(米国疾病予防管理センター)のガイドラインイ準拠した環境衛生士の資格を合格したスタッフが最適な除菌洗浄剤(AHP 加速化過酸化水素洗浄剤ーNASA採用)を使用し施工いたします。カビの発生を極力抑え込みましょう。ぜひ、株式会社ディージーグローアップ 03-5811-6386 saidaru@dg-growup.co.jp までご連絡下さい。

CONTACTお問い合わせ

空調のメンテナンスなら
ディージーグローアップにお任せください